マニアが厳選! 美容オイルランキング

マニアが厳選! 美容オイルランキング

お気に入りの美容オイルがきっと見つかる!総合案内サイト

HOME » コスメ好きが注目の美容オイル成分 » 椿油

椿油

ここでは、美容オイルの成分のひとつである「椿油」について紹介します。

オレイン酸がもっとも含まれている椿油

ヤブツバキの種子から採取される椿油は、オリーブオイルやホホバオイルとともに、「世界三大オイル」のひとつといわれ、古くから日本人女性に愛用されてきたオイルです。

椿油のもと、ヤブツバキの種子なかでも椿油は、オレイン酸が、85%も含まれています。これは、オリーブオイルよりも多い数値です。肌の皮脂の主成分は、41%がオレイン酸、25%がワックスエステル、16%が皮脂酸、12%がスクワレンであるため、皮脂膜のケアには、オレイン酸を補うのがベストだとされています。

オレイン酸を補うことで、肌に潤いを与え、乾燥や外部からの刺激を防いでくれます。また、肌へのなじみもよく、あらゆる脂肪酸の中でも、もっとも酸化しにくく乾きにくい油です。高い保湿効果があるので、乾燥や外部からの刺激を防ぐ効果が高いオイルだといえます。

椿油イチオシのスキンケアアイテムはこれ!

椿油の肌と髪への効果

肌の皮脂の主成分を多く含み、肌にもなじみやすい椿油には、さまざまな効果があります。

  • 保湿効果…人間の肌は、皮脂膜とNMF、セラミドによって守られていますが、中でも、セラミドは皮脂膜層の保湿を保つ重要な役割をしています。そのセラミドは、加齢とともに減少していきますが、椿油は、そのセラミドの働きを助ける効果があるため、肌に潤いを与えてくれます。そして、肌に弾力を与えて、硬くなった肌をやわらかくする働きもあります。
  • シミ・しわ予防…油分が酸化されると、肌に有害な過酸化物質になり、コラーゲンを破壊したり、新陳代謝を低下させたりします。椿油は酸化しにくいため、シミの原因のひとつである過酸化物質を作りません。また、椿油を肌に塗ることで、しわの原因となる乾燥を防ぎ、お肌を紫外線から守る手助けをします。
  • 化粧のノリをよくする…メイク前に椿油を塗ると、化粧のノリがよくなる効果もあります。そのため、歌舞伎役者はドーランの下地に椿油を使用しているそうです。
  • ニキビ改善…椿油には、ニキビを改善する効果もあります。これは、椿油の中に含まれているサポニンという成分によるものです。サポニンには、抗菌作用、殺菌作用、抗炎症作用などがあるため、ニキビに効果があるのです。
  • ヘアケア…椿油というと、髪への効果をイメージする人も多いかもしれません。椿油は髪のキューティクルがはがれるのを防ぎ、毛髪内部の水分を閉じ込めます。そのため、静電気を抑え、ツヤのあるサラサラの髪になります。